話說福星
一服どうぞ
営業拠点
行政院農業委員会生産流通履歴
英文語系
日本語系
中文語系
回首頁
Fu Xin International Corp
美味しいお茶を淹れるための基本(半発酵茶)。
お茶は芸術のようなもの、様々な解釈の仕方があるのです。
まずは基本を整理してみましょう。 基本をおさえたら、自分なりの淹れ方を見つけてみてください。
1.茶葉 高価なお茶がいいのは当然ですが、自分の好みに合ったお茶を見つけることが大切。品種・産地・発酵度全てが味を決める要素です。どうぞお店へお越しください、あなたの味を一緒に探しましょう。
2.水 浄水器、ミネラルウォーター、山の湧水、どれでも結構です。但し、必ず一度沸騰させてから使うことを忘れずに。
3.茶壺(急須) 陶磁器がいいでしょう。初めは真珠釉150cc容量国際標準鑑定茶杯(品評会で使用する蓋付きマグカップのような茶器セット)から始め、慣れて来たらテクニックの必要な蓋杯(蓋付湯呑み)に進みましょう。
4.茶葉の量 茶葉の量が味の濃さを左右します。最初は茶壺の底に薄く敷き詰める位を目安に、慣れてきたら自分の好みで調節します。(150cc容量国際標準鑑定茶杯には置茶葉量8g±2gが目安です。)
5.注湯 茶はお湯の温度と注水の衝撃で作られます。注水の速度はお茶の質を左右します。一般にはやかんを15度の角度に傾け優しくお湯を注ぎ入れると、口当たりのいい甘みのあるお茶となります。
6.浸水時間 1煎目は茶葉を開かせるため少し長めに時間を取ります。一般的な烏龍茶は:1煎目40秒、その後40、30、40秒と続き、その後5秒ずつ増やしていきます。福星のお茶は10煎まで出すことができます。(好みの濃さに合わせ、浸水時間を加減します。)
版權宣告 鉅潞科技